ページトップ

お知らせ

2019.10.18

【event】SWISS DESIGN MADE IN JAPAN

191015_0299.jpg
191015_0121.jpg
photo:Kenta Hasegawa

スイス大使館が日本国内で作られている、
スイスのデザインに焦点を当てた展覧会
『Swiss Design / Made in Japan』
にECALと開発したモビールで参加しています。
併設されているショップ「SWISS DESIGN KIOSK」では、
モビールの販売もしています。
みなさまぜひおたちよりください。

タイトル:Swiss Design / Made in Japan
会期:2019年10月15日-22日 
開場時間:11時~平日20時まで、金土日は21時まで。
イベント日は変則。詳細はWEBをご確認ください。
会場:B-SIDE(東京都渋谷区神宮前5-11-2)
ウェブ:www.swiss-design-japan.jp

オープニングパーティ :2019年10月17日 19時~21時 

スイスデザインのイノベーションが日本の職人技の卓越性と伝統と出会ったなら?
この問いに答える新しい視点「メイドインジャパンのスイスデザイン」で、
スイスデザインを紹介する展覧会を、
在日スイス大使館は、ダヴィッド・グレットリによるプロジェクトチームと共に開催いたします。
本展覧会では、スイスのデザイナーやアートディレクターが、
日本の企業・メーカー・製造業者との協働で誕生させたアイテムを中心に、
そのストーリーと共に展示。
スイスの革新的な若いデザイナーが手掛けるプロダクトデザインと日常使いのアイテムが、
どのように日常に取り入れられているかを紹介します。
さらに来場者がスイス・スタイルをゆっくり楽しめるカフェコーナーやショップ(SWISS DESIGN KIOSK)、
ラウンジも併設いたします。

出展デザイナー(抜粋):atelier oï (アトリエ・オイ)、
BIG-GAME(ビッグゲーム)、Carlo Clopath(カルロ・クロパス)、
Colin Schälli(コリン・シェリー)、Dimitri Bähler(ディミトリ・ベーラー)、
Fabrice Aeberhard(ファブリス・エベルハード)、Kueng Caputo(クーン・カプート)、
Loris Gomboso(ロリス・ゴンボソ)、Lucien Gumy(ルシアン・ギュミ)、
Lukas Streit (ルーカス・シュトライト)、Max Bill(マックス・ビル)
、Moritz Schlatter(モーリッツ・シュラッター)、Philippe Cuendet(フィリップ・クンデット)。

本展は、東京2020に向けたスイス大使館のキャンペーン
「スイスへのとびら」のひとつです。
スイスのクリエイティブ・エコノミーを紹介する「イノベーション」の柱のプログラムとして開催されます。
なお、本展の同会場には、東京2020の会期中に「スイスハウス」が設置されます。 
  
協力
Super Diamond Sponsor: KARIMOKU NEW STANDARD(カリモクニュースタンダード)、On Japan(オン・ジャパン)
Diamond Sponsor: NESPRESSO(ネスプレッソ)、USM Modular Furniture(USMモジュラーファニチャー)
Silver Sponsor: Victorinox(ビクトリノックス)
Special thanks to: FDFA, Presence Switzerland(スイス連邦外務省 プレゼンス・スイス)、
Vitra(ヴィトラ)、Sakae Stünzi Foundation(サカエ・シュトゥンツィ基金)