ページトップ

ミセブログ

足利のこと

2013.07.02

「2030年の石畳通りエリアを考える」ワークショップの参加者募集のお知らせ

[ 足利のこと ]

足利でお店をはじめて4年。
地元の方・ほかの地域の方、
いろいろな方と知り合うことができました。
知り合った方々と一緒に、
石畳通りエリアことを考えるワークショップを企画しました。
自分や家族が17年後、たのしく、働き、暮らせるまちにするには、
どうしていったらいいのか?
住む人、来る人が気持ちよく過ごせるまちは、
どういうものだろうか?
そんなビジョンを共有できたらいいなと思っています。
みなさんぜひご参加ください。

「2030年の石畳通りエリアを考えるワークショップ」
あしなか未来ラボ※では来年3月までに4回のワークショップを計画しています。
2030年という遠くない未来をイメージし、
これからの足利の暮らし方、働き方を考えてみませんか?
第1回の今回は石畳通りエリアの「今」の現状と、
そこから予想される「未来」を把握し、
足利のありたい姿をテーマに語りあいます。

今後こうなってほしい足利の未来には、
どんなことが必要で、そのためには何を残し、
伝えどうしていけばいいのか?
足利市内・外でいろいろなジャンルで活躍されているも交え、
足利のことを考えていきたいと思っています。

日時:2013年7月27日(土) 18:00-
場所:生涯学習センター(1F 美術・工芸室)
    足利市相生町1-1
対象者:ばんな寺・足利学校周辺の石畳エリアの景観まちづくりに興味のある方。
主催:あしなか未来ラボ(いしだたみの会・足利市都市計画課)
    あしなか未来ラボは
    あしかがの まちなかの 未来を 研究する。
    という意味を込めてつけられています。
参加費:無料
お問い合わせ・お申込み:いしだたみの会(マザーツール)0284-43-3354
               足利市都市計画課 0284-20-2167

※「あしなか未来ラボ」はいしだたみの会と足利市が協働で行う
「行政提案公募型協働事業 住む人と来る人が快適にすごせるまちづくり事業
の通称です。

参加のお申込みはこちらのメールアドレスからも受け付けています。



2013.05.23

いしだたみのこと

[ 足利のこと ]

昨日はいしだたみの会と市で協働で7月に行う、
ワークショップの打ち合わせでした。

十数年前にできた石畳の会。
通常の商店会とは違い、住民も入っているという団体です。
自治会の会長さんをしているOさんは、
足利の生き字引のような人で、
わたしたちが知らない足利のこといつも教えてくれます。
Oさんやいろんなことを伝えたい人たちのこともきちんと伝えたい。
そういう想いが強くなってきました。

今回のワークショップのテーマは「2030年の石畳エリアを考える」

昨年からこの協働事業の準備をしていて、
実際にデータで足利市をみた時、
わかっていたけど客観的で説得力のあるデータに衝撃をうけました。
きちんと現状を知った上で、

このまちをどうしていきたいのか?
そのためには何を残し、伝え、どうしていけばいいのか?
データを知ることでみんなの心にあるくすぶっていたものに、
火がつきかかっています。

2030年という遠くない未来をイメージし、
足利での暮らし方、働き方、を真剣に考えるワークショップ。
その時30~40代になる高校生・大学生にも参加してもらいたいと思っています。

少しずつですが動きはじめました。
自分の住むまちが楽しくなりそうです。



2013.05.21

臨時休業のお知らせ

[ 足利のこと ]

一気に暑くなってきましたね。

5月のお店休業日のお知らせでお伝えしましたが、
明日22日はお店をお休みします。

実は今年、足利市と石畳通りの「いしだたみの会」の協働事業が決まりました。
石畳の先輩と同世代のお店のコたちと市の方と一緒に、
石畳エリアの今後を考えるワークショップを企画中で、
その打ち合わせをしてきます。
先日石畳の中心にある「ばんな寺」通称「大日様」の本堂が国宝になったこともあり、
石畳から派生して、いろいろ楽しいことが増えるといいなと思っています。

この間、近くのお店の方たちと足利探訪してきました。
普段あまり行かない路地を歩き、
空き家を見つけては覗き込む姿はあやしかったと思いますが、
エリアごとに違った表情を見せる街が面白かったです。
学生時代のにぎやかな足利ではなくなってしまったけど、
いろんな可能性のある街だと思います。

ということで時折お店をお休みしてしまいます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。