ページトップ

DAYS

できごと

2008.11.24

IFFTとにっぽんらいふ

[ できごと ]

先週金曜ビッグサイトで行われていたIFFTとにっぽんらいふ展へ

行ってきました。

村澤さんとの打合せをして、一緒にいろいろなメーカーさんのブースへ。



以前気になっていた技術を持った会社さんとも知り合えました。

これから開発する商品にもそのうち使えるかも。。。



今まで会ったことのなかったメーカーさんと股旅デザインを

きっかけに仲良くなれてうれしいです。

本当に、村澤さんの取り持つ縁ですね〜



------------------------------------------------------------

そして昨日は台東デザイナーズビレッジで行われていた

クラフト見本市へ。



いろいろな地域のいろいろな手仕事。

出来上がったものも素敵だけど、どうつくったのか知りたくなって

しまうわたし。

つくっているところも紹介してくれていたらいいなあ。



台東デザイナーズビレッジに行ったのは今回が初めて。

ああいう場所が地方にもできると楽しいのになとつくづく思うのでした。



2008.11.11

グッドデザインぐんま

[ できごと ]

群馬県でやっている『グッドデザインぐんま』というものがあって、

今回mantaとawasefu pero card caseの申し込みをしていました。



一次審査は通過し、明日は現物を見ての2次審査。

そのために商品を搬入してきました〜





そうそう、『card caseと同じシリーズのnote coverはA6サイズと

HPに書いてあるのですが、文庫本も入りますか?』というご質問を

受けました。

文庫本も入りますよ〜



このperoシリーズ。

今新色の準備をしています。

冬にぴったりのほっこりやわらかな色ですよ〜そちらもお楽しみに〜



2008.11.06

股旅デザイン展も折り返し

[ できごと ]

昨日、股旅デザイン展の会場に顔を出してきました。

長々居座っていたら、展示会折り返しの中締めをするというので

参加しちゃいました!!



お国自慢品に加え、頂いた差し入れの品々で、いつものように酒盛りです。





9日までの開催ですので、まだ行っていない方は是非。

お茶やお菓子を食べながら、村澤さんの椅子に座って、mothertoolの

商品を触ってください〜



2008.11.03

股旅デザイン展の様子

[ できごと ]

村澤さんの個展『股旅デザイン展』が土曜日から始まりました。

BC工房さんとのトークイベント〜オープニングパーティー

には200人くらいの方がきていたそうです。



前日お国自慢品が届いたか気になるナカムラは、ちらっと

顔をだしました。邪魔をしていたともいいますが・・・



全国各地のお酒も届き、酒屋さんのようですが、オープニングパーティー翌日に会場に行ったらほとんどなくなっていました。すごいですね〜

オープニングパーティーの写真を撮り忘れてしまいましたが、とても盛り上がりました〜楽しかった。



mother toolもカウンター横に商品を展示させてもらってます。



会場のところどころには、各メーカーとの出会いから開発の仕方などが

股旅エピソードとして置いてありますので、そちらも村澤さんの椅子

に座り、お国自慢のお菓子を食べながらみることができます。

んん〜贅沢。

そして展示品を買うこともできます。

村澤さんが会場にいるときは説明してくれるそうなので、ぜひぜひ

足を運んでみてください。



2008.10.29

ギフトページの準備をしています。

[ できごと ]

昨日はmother toolのHP製作をしてくれているGARANDESIGNの中村さん

と打ち合わせでした。



HPを立ち上げてから、ちょっとずつですが手を加えています。

いろいろな方からこういうものも入れて欲しいなどの要望も加えながら

まだ、できていないこともありますが、少しずつ。



今回の打ち合わせは、ギフトのページについて。



今後はパッケージや名入れなどもできるように準備中。

11月末には少し進化している予定です。



2008.10.27

股旅図録進行中

[ できごと ]

先日紹介した股旅図録がちゃくちゃくと出来上がってきてます〜



予定の1000部まであと少し!!頑張ります!

10部ごとで紙テープに巻かれている姿をちらっとご紹介します。



中身は展示会で。ふふふ。



2008.10.20

股旅図録製作中

[ できごと ]

こんにちは。ナカムラです。

さて、何をしているのでしょうか?



実は村澤さんの股旅デザイン展で限定1000部の股旅図録を製作中なのです。

贅沢なつくりの図録は、機械でちゃちゃっとできる構造では、

ないのでmother toolの母体工場の出番です。



電動テープカッターで同じ長さに設定した両面テープを端っこギリギリ

に貼っていきます。



この作業のあとは、内職屋さんの出番です。

まだ途中ですが内職屋さんも工場の人も図録をみて『ほしい〜』と

言ってしまうステキな仕上がり。



お楽しみに。





2008.10.16

ココファームワイナリー

[ できごと ]

mother toolのある群馬県邑楽町というところは、埼玉・栃木・

茨城の県境です。



お隣、栃木県足利市にわたしの自宅があるのですが、家から車で

15分くらいのところに「ココファームワイナリー」というところがあります。

ここのワイナリーについての説明はHPから↓

--------------------------------------------------------------------

1950年代に、特殊学級の中学生たちによって開墾された葡萄畑が、私たちのワインづくりの原点です。この足利市田島町の急斜面の山で、当時、知恵遅れと呼ばれていた少年たちは、汗まみれになりながら夏草を刈り、寒風の吹きすさぶなかでお礼肥えの穴を掘ってきました。



 平均斜度38度のこの葡萄畑は、陽当たりや水はけがよく、葡萄にとっては最良の条件です。しかし、耕運機やトラクターが使えず、人間の足で登り降りするしかありません。剪定後の枝拾いや、堆肥を運びあげる仕事、一房一房の摘房作業、そしてかごをかかえての収穫・・・全ての作業が、自然のなかでの労働を通して、自らの力をつけ、その力をもとに自然の恵みを引き出していくことでもありました。そんな毎日の暮らしのなかで知恵遅れと呼ばれ続けてきた少年たちは、知らず知らずのうちに寡黙な農夫に、陽に灼けた葡萄畑の守護人に、醸造場の働き手になっていきました。



 1980年代のはじめに、知的なハンディを持つ人たちの自立を目指してつくられたこころみ学園のワイン醸造場も、1980年代の終わりにカリフォルニア・ソノマに開かれた自家農園も、まさに自然のなかでの労働と暮らしから、自然の恵みであるワインを享受していくことでした。



 現在、この葡萄畑から一望できるこころみ学園には90名の利用者がいます。そのうち85歳を筆頭に50歳をこえた人は56名。つまり、ここに働き暮らす人たちのうち、約2分の1が高齢の知的障害者です。草刈りに大がまを振るっていたA君も山のような洗濯物を干してきた I さんもだいぶ歳をとりました。彼らは今、ゆっくりとではありますが若い農夫と一緒に、あらたな葡萄畑の開墾に明日の夢をつないでいます。

 私たちは、伝統や名声を誇る外国のシャトーのように、潤沢な資金を持つことができません。大手のワインメーカーのように、大量生産することもできません。

 しかし、葡萄を育てワインを醸す仕事に、名もない(自分の名前さえ書けない)人たちが中心になって取り組んできたことを・・・どんなに辛くても、一年中空の下でがんばってきた農夫たちがいることを、ひそかな誇りに思っています。ここにご紹介するワインは、葡萄づくりに、ワインづくりにがんばってきた知的障害の仲間たちが、のんびりと葡萄畑で自分にあった仕事−草取りや、石拾いや、カラス追い−をしながら、自然に囲まれて、安心して年をとっていけますよう、そんな願いが込められています。

--------------------------------------------------------------------

という、他にはない素敵なワイナリーなのです。

そして実は、沖縄・洞爺湖サミットでも使われたワインなんですよ〜



村澤さんの個展、「股旅デザイン」で是非ここのワインを飲んでもらいたいなあと思い、先日家族で行ってきました。

このワイナリーでは、原木しいたけの栽培などもしています。

ちょうど園生のみなさんが山から原木を下ろしていました。





急な山から1本1本の原木を下ろすのはとても大変な作業だと思います。

園生の人と少しお話をした時の笑顔です。



この原木しいたけは、多くできた時だけ一般販売し、他は料理屋さんなど

にまわってしまうそうなので、オープニングパーティーには持っていけませんが、ワインとスパークリングマスカットジュースは持って行きます!



来月15日はココファームの収穫祭です。こちらも楽しみです!



2008.10.12

丸徳家具さんにて

[ できごと ]

140歳展でお邪魔していた丸徳家具さんで、もう一つうれしい

お知らせが!

この日はグッドデザイン賞の受賞者発表でした。



丸徳さんのパソコンをかりてチェックする村澤さん。

受賞がわかった瞬間の記念すべき写真が撮れました。





急遽、受賞したイスに座り、囲み取材風コントをみんなでしました。





いや〜めでたいですね〜



2008.09.15

bimat

[ できごと ]

実はもっと早く発売する予定だった、awasefuを使ったマットシリーズ「bimat」が発売になりました!!







ベーシックなチャコールグレー×サンドベージュとキレイな色のエルバグリーン×エッグイエローの2色です。



ちょっと細かいですが、糸の色が表地には裏地の色という感じに上糸と下糸の色が違うんですよ〜



ランチョンマットやコースター・マウスパッドや花瓶敷きなどいろいろな使い方ができます!!

詳しくはプロダクトページをご覧下さい。